ジュンコ田中について

ジュンコ田中のプロフィール

ジュンコ田中(60歳)心理学講師・NLPプロフェッショナルコーチ
27年間の専業主婦を経て54歳でトータルメンタルサポート ラポール・ラボを起業。7年間運営。
東京・名古屋・大阪で活動を続けカサンドラ脱却指導延10,000人以上。
結婚以来、アスペルガーの夫からのモラハラ言動に傷つき、酷いカサンドラ症候群に陥った。
手足が麻痺し車椅子生活を1年半余儀なくされた。
当時『命さえいらない』と思っていた状態から、幼い娘の「お母さんお誕生日に何欲しい?」という、たった一言から生きる希望を得る。
その経験から「心を癒す言葉の力」の存在に気づき、「言葉」で脳を操る心理学にのめり込み研究。オリジナルサンドラ脱却メソッドを編み出す。
同じように苦しむ人を助けたいと思い起業。遠くは熊本や仙台から相談に来る人もある。
現在、アスペルガーの夫とは良好な夫婦関係を再構築し結婚35年目。
夫婦関係に経営学を応用する研究のため大学院でMBAを取得中。

ジュンコ田中のカサンドラ脱却ストーリー0章

真の輝きを手に入れて生きる 美しい人生を
~カサンドラの経験があなたの本当の魅力を引き出す~

春のはじまり、窓から差し込んでくる暖かくて優しい光。

その柔らかさに包まれて、自然に心が満たされていく。

 

今日ご紹介するジュンコ田中(田中淳子・タナカ ジュンコ)さんは、

そんな陽だまりのような慈愛の光をくださる方である。

 

彼女は、発達障害*¹の方とそのパートナー(カサンドラ症候群*²)の方へ心理学(NLP*³)の手法を使って、発達障害であるパートナーを理解し、友好的なコミュニケーションがとれるようになり、そして新しい関係性と2人の新たな人生の始まりをサポートされている。

 

実は、ジュンコさん自身も、夫、長女ともに発達障害スペクトラムと診断され、かつてはカサンドラとなっていた。それに気づかず過ごしていた時期に、「心」が原因と考えられる1年半の手足麻痺での車椅子生活、ステージ3の乳がんを経験されている。

この壮絶な経験を微塵も感じさせないほど、終始、穏やかで優しい口調のジュンコさん。

彼女の本質的な強さはいったいどこからくるのだろうか?

このインタビューを通して、ジュンコ田中さんが家族の発達障害をきっかけに辿り着いた「人間のもつ潜在能力とその可能性について」そして「未来に引き継ぎたい想い」をご紹介していきます。


活動が産経新聞に掲載されました

 

≫ジュンコ田中のカサンドラ脱却ストーリー1~3章

 

*¹ 発達障害とは、身体や、学習、言語、行動の何れかにおいて、発達が遅れた状態である。または、何かが極端に秀でていてギフテッドと呼ばれる人もいる。ASD(アスペルガー)ADHD・LD(学習障害)の3種類があり、複数を持っている人もいる。

*² カサンドラ情動剥奪症候群(カサンドラじょうどうはくだつしょうこうぐん」とは、アスペルガー症候群の夫または妻(あるいはパートナー)と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉である。

*³ NLPとは、(Neuro Linguistic Programing、神経言語プログラミング)の略称で、アメリカの理系大学生が催眠療法・ゲシュタルト療法・家族療法を研究し開発した、能力開発にもなり心理療法にもなる脳科学。

 

《取得資格》
中学高校国語教師
初級教育カウンセラー
発達障害コミュニケーション指導員初級
NLPプロフェッショナルコーチ
NLP上級リレーションシップコーチ
NLPマスタープラクティショナー
魔法の質問マスター
交流分析アナリスト
リュッシャーカラーセラピスト
ibマッピング親子診断士

タイトルとURLをコピーしました